糸でリフトアップするたるみ治療

肌のたるみを改善するために美容クリニックで治療を受けたいと考える時、気をつけなければならないのが施術方法の選び方です。
美容クリニックで受けることができるたるみ治療の種類には、いくつか種類があります。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどを注入する方法、皮膚をメスで切開し手術する方法、レーザーなどの熱を照射する方法、糸を使ってリフトアップする方法などです。



手軽に安全にたるみを改善できる方法として、これらの中では糸を使ってリフトアップする方法がおすすめです。
注入する方法だと入れた成分がいずれ体内に吸収されるので期間が限定的であり、メスを入れる手術や熱を照射する方法は皮膚に負担がかかる恐れがあります。



糸を使うたるみ治療は皮膚を切開せずに糸を通すので皮膚に大きな負担をかけず、残る傷跡を作らないで治療することができます。
糸をつかってリフトアップするたるみ治療は、体内に吸収される性質を持った生分解性カプロラクトン製の糸を使い行います。
糸もいずれは体内に吸収されますが注入する方法とは違い、使う糸は体内に溶けることで周囲のコラーゲン生成の効果を促進する働きをしますので持続効果があります。



糸が体内に吸収されコラーゲンの生成が活性化されることにより、リフトアップした状態も保ち続けることができるのです。
施術に必要な時間も20分から30分前後と短時間なので、仕事を丸一日休むことはなく済ませられます。
治療代金もそれ程高くはないので、お財布にも負担がかかりません。